業務内容

窓ガラス・外壁清掃

ブランコ作業

ゴンドラが設置されていないビルは、ほとんどがこの方法で作業致します。 屋上からロープ(メインロープ、ライフライン計2本)を垂らし、ブランコを取り付けて作業します。 足場の設置や、仮設ゴンドラを使用するより低コストで作業出来るのが特徴です。



当社では安全性が高いとされ、GCA一般社団法人東京ガラス外装クリ-ニング協会も推奨する、ロープを別々に垂らすパラレル方式を採用。 さらに、万一メインロープが外れ、ライフラインに宙吊りになっても、通常の安全帯よりも遥かに安全性の高いハーネスの着用を義務付けております。







ゴンドラ作業

高層のビルになりますと、通常、常設のゴンドラが設置されています。

その場合はゴンドラを使用して作業致します。

さらに作業員全員が、ゴンドラ取扱業務特別教育講習を受講しており、責任を持ってゴンドラ操作を行っております。


スライダー作業

はしごをスライドさせて使用する作業です。

当社では、最長の物で9mまで伸びるスライダーを使用して作業します。

窓の高さに合わせて自由に伸縮して作業出来ますが、重く扱いにくく、転落防止策もとりにくいことから、使用を控える方向に動いております。


ポール作業

二連、三連の伸縮可能なポールの先端に道具を取り付けて、高所を清掃する作業法です。

スライダーより安全に作業出来るのがメリットです。

最長の物で9mまで伸ばして作業出来ます。高くなればなるほど、熟練した技術を必要とします。


ローリングタワー作業

アルミ製の足場を組み立てて作業します。

アトリウムなどドーム状天井のトップライト内面ガラスや、吹き抜けの天井の照明清掃などに使用します。

当社は、アルミ製ローリングタワーを常備しております。


 
高所作業車作業

ビルの形状がオーバーハングなどでブランコやゴンドラでアクセス出来ない場合や、電線や看板などの障害物、または作業地面の形状が悪く、スライダーやローリングタワーでもアクセスできない場合の、最終手段的な作業方法です。

作業メリットとしては安定した体勢で作業を行えます。

   

床清掃

弾性床ポリッシャー洗浄

特定建築物に該当の建物は最低でも年二回以上の清掃が必要です。

美観を保つためには定期的な床のメンテナンスをお勧めします。

Pタイル・ビニールシートなどの弾性床はポリシャー等で洗浄後にワックス塗布で光沢復活!

古いワックスが汚れたり、変色の場合は剥離清掃で新品のようにリフレッシュ!!


カーペットポリッシャー洗浄

カーペットは汚れたらクリーニングするだけではなく、日頃からのメンテナンスを行うことで長くきれいに使うことができます。

それは、汚れを排除することで磨耗やすり切れといったダメージを最小限に抑えられます。

「適切なメンテナンス」を行うことで、大量の水や洗剤を使うような無駄なクリーニング作業もカットできます。

このページのトップへ